List of voices of seniorsr

先輩たちの声 一覧

List of voices of seniorsr

実際に働いている先輩の社員・スタッフの人たちの生の声をインタビューしております。
これから、一緒に働く武蔵工業の従業員や、雰囲気をより感じていただける内容になっておりますので、ぜひご覧ください

先輩社員インタビュー

業務内容についてお聞かせください。
業務内容についてお聞かせください。

主に曲げ工程を行っています。
ただ、それだけではなく工程のなかで、
作業が詰まったりしているところがあればサポートしたり、
仕事がスムーズにまわるよう全体をみて、動くようにしています。

前の会社より、いろいろなことをやらせてもらってますね。
そのおかけで、部品を加工して制作するだけじゃなく、組み立てたりする技術や、カシメや、
今まで使ったことのない機械とか、新しいことも覚えることができています。
経験を積みたいと思って入ったので、スキルアップができていい経験です。

あとは、完成品が見ることができるのは、うれしいかな。
大きい会社だと、部品だけ制作して、次の部門に流す作業がおおくて、
完成するところまで、見ることができませんでした。
この会社に入って、溶接を行い完成するところまで見ることができるのは、
モノを作るっているうえで楽しみの一つです。

働こうと思ったきっかけはなんですか?
働こうと思ったきっかけはなんですか?

きっかけは、自分が使っている機械があいていたのが最初の理由です。
ただ、面接で話を聞くうちに、この規模の割に最新の機械を導入していたり、
いろいろと、今までにやっていない工程の作業もやらせてもらえそうだなって感じたので、入ろうと思いました。

やっぱり、あたらしい機械を使えるのは、大きいですよね。
どこでも行かせる技能を身につけるなら、仕事の中で触れる機会を作りたいし、
ここでは、それをさせてもらえます。
新しいだけじゃなくて、ベテランの方が多いので、技術的なことも自分から
動けば学ばせてくれる環境ですね。

実際に働いてみてのギャップはありませんでしたか?
実際に働いてみてのギャップはありませんでしたか?

正直、採用の面接ではいいことを言うのは、当たり前だと思ってました。
ここの会社ではそれほど、感じませんね。
ただ、本社はちょっとあついです笑
会社の雰囲気としても、
みんな仕事に真剣に取り組んでいて、働きやすいです

いい距離感というか、なれなれしすぎるわけでもなく、遠すぎるわけでもない仕事をしていくのに適切ってのが印象です。
仲が悪いってわけではないです。休み時間は、ちゃんとみんなで話してますよ。
あとは、定期的に面談をちゃんとしてくれているので、わりと言いたいことは言わせてもらってます。

それに、ちゃんとした意見だったら聞いてくれるので、納得したうえで仕事をしていけて良い環境です。いいたいことを聞いてくれますし、だめな時は、しっかりと説明をしてくれる。
働いている一員という感覚があるので、やりがいにもつながっているかな。

悪いギャップとしては、会社の中で全てを行っているので、部署によっては詰まってしまうことがあります。
全体的な流れをみて、詰まっているところをサポートしたり、その中でも、最新の機械が動いているので、作業は早く進んできたりと、効率的に動いていくことを求められるので、最初なれないときついかもしれませんね。

ただ、自分のやる気や取り組みで、成長して行ける職場ではあります。

スタッフインタビュー

どのような仕事をされているか教えてください。

普段は、バリ取りや脱脂などの仕事を任されることが多いです。
曲げ加工を行う前に必要な工程です。

バリ取り機が終わった部品を確認して、問題がなければ、次の工程の人に届けています。
ただ、それだけではなくてバリ取りの仕事が終わって手が空いたら、検査、梱包作業など他の仕事を手伝うこともよくありますよ。

私は倉庫で出来上がった製品を、脱脂検査、梱包、出荷作業することが多いですね。

基本的に出来上がってきた部品の対応を行っていますね。
部品の上がってくる具合によって作業が変わってくるので、仕事が落ち着いているときは、私も合間で他の仕事を手伝ったりしています。

仕事の取り組みに関して、こだわりがあれば教えてください。
仕事の取り組みに関して、こだわりがあれば教えてください。

実は、こういう仕事はやったことがなかったんですが、やるんだったら上達したいと思っていました。
仕事はしっかりやりたいですし、初めてのことだったので、最初は覚えることがいろいろありました。

まわりには職人の方が多くて、最初は怖かったのですが、話してみたら優しくて、丁寧に教えてくれました(笑)
知らないことを覚えたりするのは好きなんです。
できない事を乗り越えていくのって、なんだか楽しいじゃないですか(笑)
ですので、新しく体験できたことをきっかけに、毎日頑張れましたね。

私はDIYのように組み立てることなどが、そもそも好きだったんです。
昔はギターとか分解していましたし、休みの日にホームセンターとかへ出かけたりして。モノが出来上がっていくのって楽しいすよね。
私もこういう仕事は未経験でしたが、教えてもらったりしながら、なんとか楽しく働くことができています。

最初は、やったことがなかったので少しずつだったんですけど、慣れてきたら仕事を任せてもらい、自分でできることが増え、試練を乗り越えているみたいで、成長してる感じがして面白さを感じています。

働いてみて思ったのは、黙々と仕事をやっていくイメージだったんですけど、全体の仕事の進み方によって、他の仕事を手伝ったりしていくことがあるので、意外と話し合って仕事をしていくことがありますね。
人と話すことが好きで、いろいろと挑戦してみたいという人でしたら、未経験だったとしても、とても楽しめる職場だと思います。

職場はどんな雰囲気ですか?
職場はどんな雰囲気ですか?

ちょうど働きたいなと思って仕事を探していたら、たまたま募集があり、面接で話を聞いたら、シフトで働くことができて空いている時間を使えると思い、働くことにしました

確かに働きやすいですね。
家族の都合で休みが欲しいときにも、シフトの希望を聞いてくれますね。

そうですよね。
みなさん家族がいる方も多いので、家族第一で考えてくれますね。
もちろん、仕事に支障が出てしまうような時は難しいですが、話を聞いてくれますし、相談をすれば調整していただけるので助かっています。

みなさん、オンとオフがはっきりされていて、仕事中は真剣に取り組んでいるのですが、休みの時間になると、すごく仲が良く、他のセクションとも話をして盛り上がったりしてます。

先輩たちの声

業務内容について教えて下さい。

板金加工機3台のオペレーションを行っています。具体的には、板金の曲げ加工や、加工時に出たバリ(切断などした際に出る不要な部分)取りなどです。そのほかにも、板金加工の様々な行程を幅広く対応しています。

職場の雰囲気はいかがですか?

明るくて雰囲気のいい職場です。みんなその道のプロなので、息を抜くときは思いきり抜いて、こころというときは本気で集中してやる。仕事にメリハリがあります。あとは、スタッフ間でよくコミュニケーションをとっています。板金加工はたくさんの行程を経てやっと完成します。チームワークがとても大事なので、自分の工程でキリが悪い場合は、どこまで進めるべきかなどを確認しながら、次の人の作業に影響しないように責任を持ってやりきるようにしています。

仕事をするうえで大切にしていることは?

失敗を忘れないことです。同じ失敗は、プロとして行ってはいけませんね。その次は、経験を生かして必ずできるようにしなければいけないと思っています。でないと自分自身情けないですし、他のどんな会社に行っても大丈夫というレベルになれるように、常に意識を高く持つようにしています。このあたりは、会社で強いられるものではなく、個々で考えるべきものかなと思っています。

これまでの仕事で印象的なエピソードがあったらお聞かせください

規定以上に厚い素材にレーザーをかけなければいけないシーンがあり、いつも使っている機械では出力が足りなかったのですが、自分自身の工夫や技術で加工をやりきれたときはうれしかったです。こういったケースは一般的にはやらないことがほとんどだと思うのですが、「自社でやれることは工夫してやる」という会社の方針があって、個人の裁量である程度は許されているからできることでもあります。もちろん、それを成功させられるかどうかは、それぞれの経験や技術力にかかっているので、日々の努力や勉強は欠かせません。

エントリーを検討している皆様へメッセージをお願いします。

板金加工とひと口に言っても、お客様からのご要望は様々です。そのため、ときには機械が本来持つ性能以上のものを出さないと加工できないときもあります。だからこそ、機械ではなく人間の技術が必要になります。武蔵工業ではそんな、機械の力を120%引き出せる技術を身に付けたい人、覚悟を持って自分を高めていける人をお待ちしています。技術を学べる環境をご用意していますので、志の高い方はぜひお越しいただければと思います。

業務内容について教えてください。

コンピュータを使って設計や図面の作成などを行うCAD/CAM(キャドキャム)というシステムを使って、2次元と3次元での設計業務をメインに行っています。そのほか、受注業務や出荷関連の仕事などもあり、幅広く業務を担当しています。

職場の雰囲気はいかがですか ?

同僚同士、すごく仲がいいですね。毎週水曜日は定時で仕事を切り上げて、みんなでマッサージに行っていますし、独身のスタッフどうしで飲みに行くこともよくあります。

仕事をするうえで大切にしていることは ?

設計はお客様からの要望を最初に受ける場所なので、マーカーを付けて分かりやすくするとか、次の工程でいかにやりやすくできるかを常に考えるようにしています。最初の入り口でつまずくと、あとの工程を担当するスタッフに迷惑をかけることになるので、そこは気を使っていいます。ただ、コンピュータでの設計上は実現できても、実際に形にするとできないことも珍しくありません。だからこそ、思い通りにできると達成感がありますし、とてもやりがいを感じますね。

これまでの仕事で印象的なエピソードがあったらお聞かせてください。

開発中製品のパーツ設計や組み立てを担当させてもらって、それが完成して動かす瞬間はとても緊張しました。でも実際にそれが動いてとても感動したことを覚えています。金型の成形には制限があるため、これから板金加工の需要はまだまだ高まっていくはずです。なので今は2次元の設計をおもに担当していますが今後は3次元の設計もどんどんこなしていければと思っています。

エントリーを検討している皆様ヘメッセージをお願いします。

今はまだまだ人手が足りていない状況なので、色んな仕事で忙しくなるとは思いますが、逆に言えば板金加工の様々な業務を幅広く担当できるチャンスでもあります。なので、好奇心を持ってチャレンジしていける人、加工の技術をどんどん磨いていきたい人には持ってこいの職場だと思います。また決まったシステムがないので、「こうしたい」という主張があればどんどん取り入れてもらえる環境があります。今は会社が変わっていく途中なので、そういった変化を楽しめる人からのエントリーをお待ちしています。