Manufactured product introduction

製造製品紹介

Title case jp
  • ロボットの夜間稼働により、コストと下げた製造事例
  • ロボットの夜間稼働により、コストと下げた製造事例
  • ロボットの夜間稼働により、コストと下げた製造事例
  • ロボットの夜間稼働により、コストと下げた製造事例
作業内容 NCTレーザー複合加工(タップ工程含む)、バリ取り、曲げ、かしめ、スポット溶接
材質 A5052 アルミ
部品点数 1
ロット 100
板金加工のコメント

今回ご紹介する製造事例は、毎月、100台以上発注いただいている通信機器の部品になります。

この製品は、通信機器の部品ということもあり、電磁波を外に出さないよう※EMC対策を施しています。
隙間があると電波はもれるためをするため、細心の注意を払い隙間を減らし製品化しております。

※EMC対策(電磁両立性)とは
電気製品から放出する電気的ノイズを抑え(エミッション:EMI)、かつ他の危機の電気的ノイズによって電気製品がトラブルを起こさない(イミュニティ:EMS)ための2つの性能を言います。

精度を求められる製品ですが、工程が複雑ではなく毎月発注いただく量産品だったため、曲げ工程にはロボットを活用いたしました。
夜間に稼働させることで、24時間体制で製造を行っております。
それにより、大幅にリードタイムを短縮することができ、コストも抑えられた事例になります。。

もし、毎月発注している部品で、納期の短縮、コストによる課題をお持ちでしたら一度ご相談ください。
弊社では、熟練の職人も在籍しており試作品の製造にも承っております。
今後、定期的に発注する計画のある部品でしたら、なおさらお力になれるかと思いますので、ぜひご相談ください。

使用設備
  • 全自動曲げ加工システムEG-6013AR