ブログ

【板金加工の納期(事例)】

前回は、アルミニウムの溶接についてご紹介をしました。

今回は、板金加工の納期(事例)についてご紹介します!

 

 制御機の内部部品(試作)

材料
A5052P
厚さ
1.5mm
サイズ
150mm×150mm×50mm
個数
3個
工程
ブランク 曲げ
納期
2~3日
制御機の内部部品(試作)

 食品加工機の内部部品 

材料
SUS304
厚さ
2mm
サイズ
300mm×200mm×200mm
個数
20~30個
工程
ブランク 曲げ 溶接 焼けとり除去
納期
1週間
食品加工機の内部部品

 医療機の内部部品 

材料
SPCC
厚さ
1.2mm
サイズ
180mm×220mm×200mm
工程
ブランク カシメ 曲げ メッキ
納期
2週間
医療機の内部部品

 医療機の内部部品 

材料
SECC
厚さ
1.6mm
サイズ
150mm×160mm×40mm
工程
ブランク 曲げ カシメ
納期
1週間
医療機の内部部品

以上、板金加工の納期(事例)です!

今回、ご紹介した事例はほんの一部です。

もっと詳しく聞きたい!」、「こんな加工はできるの?」などのご要望やご希望もお伺いしています♪

 

武蔵工業では、各種溶接方法を駆使して行っており、自慢の職人も在籍しているので、

特殊なステンレスやアルミニウムといった、難易度が高いとされる素材の溶接に関しても

高い精度を保ったまま様々な板金加工ができます。

 

製品の目的や納期、価格にも配慮し、最適な方法をご提案いたしますので、 お気軽にご相談ください!

to top