ファイバーレーザ溶接システム

納期短縮によりコストカットを実現~ファイバーレーザー溶接の高性能~

納期短縮によりコストカットを実現~ファイバーレーザー溶接の高性能~

当社ではお客様のご要望に幅広くお応えするため、最新のファイバーレーザー溶接機LW-4000を導入しております。高出力のファイバーレーザーをピンポイントで微小なスポットに照射することで、歪みを極限まで抑えた、美しく強度の高い溶接製品のご提供が可能になりました。
LW-4000による溶接作業の自動化にともない、作業の効率化、スピードUPも実現、従来よりもハイクオリティーな製品を、早く、安く、お客様にお届けできるようになりました。レーザー光のビーム成形により、強度を必要とする深溶け込みから、なめらかな美しさを求められる外装部品まで、スピーディーに、正確に溶接いたします。従来のレーザー溶接では難しかったアルミや銅などの加工はもちろん、多種多様な金属の溶接が可能です。曲線や立体の溶接、非鉄金属の溶接もぜひ精密板金加工の武蔵工業にお任せください。

ファイバーレーザ溶接の特徴

大量生産に向きなハイスピード

大量生産に向きなハイスピード

溶接作業を人の手とロボットで行う場合、作業スピードの約3~5倍差が出てくると言われております。人が作業するのと違い、ロボットは休憩をとる必要がなく、特に同じ作業の繰り返しでは高い精度による作業をおこなえます。
人の手で行う場合、製品に対し、人が溶接個所を調整して動くため一回の溶接作業では行えないような製品だとしても、ロボットの場合、製品を動かし溶接個所を調節するため、段取りを少なし工程を短縮することが可能です。

人の手ではできないきれいな仕上がり

ファイバーレーザー溶接では、歪みが出にくく、きれいに仕上がるという特徴があります。
人が溶接する場合、組み合わせる部品の両側を溶かすため、溶接面が広くなってしまいます。
レーザーの場合では、組み合わせピンポイントで熱を入れながら溶接を行うため、溶かす部分を狭い範囲に抑える事ができます。溶接面が狭いため熱の広がりを最小限に抑える事ができ、歪みが人の手より少なくきれいに仕上げることができるのです。

人の手ではできないきれいな仕上がり

ファイバーレーザー溶接だからこその低コスト生産

よく「人が作業するよりコストがかかるのではないか」という質問をいただきます。
もちろん、試作品や、小ロットでの作業では人の手の方がコストを抑えられるというのは事実です。
ただ、100個など数が多く生産するような製品や、定期的に生産をしていくような場合、繰り返しの作業に強く、歪みの出にくいファイバーレーザー溶接では、生産スピードが速いため、人件費を抑えることができるため、今までより安いコストでできる場合もあるのです。
職人がいる弊社では、人の作業とロボットを組み合わせることでコストを抑えての作業を可能にしております。

ファイバーレーザー溶接だからこその低コスト生産

TIG溶接、YAGレーザー溶接とファイバーレーザー溶接の違い

ファイバーレーザー加工動画
加工された製品
  • 加工された製品
  • 加工された製品
  • 加工された製品

ピンポイントで熱を入れるため、歪みができにくくきれいな仕上がりになっております。

溶接品質

溶接品質

溶接品質

溶接品質

【特徴】
高品質ビームが、ゆがみと変形を極限まで抑え、美しくスピーディーな溶接を可能に(溶接スピードはYAG・TIG溶接に比べ、2~10)。ニーズに応じた幅広い溶接に対応します。

加工シーン

動画「ファイバーレーザ溶接システム2 武蔵工業」のサムネイル

動画「ファイバーレーザ溶接システム2 武蔵工業」のサムネイル

動画「ファイバーレーザ溶接システム2 武蔵工業」のサムネイル

対応可能な素材

比較的、溶接のしやすい鉄はもちろんのこと、ステンレスやアルミのような歪みが出やすく、溶接部が割れてしまう素材の溶接も行うことができます。

対応可能な素材

ステンレス:
熱が伝わりやすく歪みが出やすいといわれており、作業にも熟練工の技術が必要となる素材です。
そのようなステンレスであっても歪みの出にくいファイバーレーザーでは、歪みが出にくいため、取り除く作業工程を省け、必要な場合でも時間短縮することができるのです。

アルミ:
溶接をおこなうと溶接部分が固くなり割れやすくなってしまいます。
人の手だと、全体的に熱入れを行うのですが、ファイバーレーザー溶接では溶接部にピンポイントで熱入れをおこなうことができ、無駄な部分を溶かすといったことがありません。
また、ロボットが行うため設定されている作業を安定して行うことができるため割れるリスクを最小限に抑えることができるのです。

  • 対応可能な素材
  • 対応可能な素材
ファイバーレーザー溶接 加工製品
  • SUS304-1.5t
    材質 : SUS304-1.5t
  • SUS304-2.0t
    材質 : SUS304-2.0t

WELD用CAMの主な機能

  • WELD用CAMの主な機能
  • WELD用CAMの主な機能
  • シミュレーションと干渉チェック ファイバーレーザー溶接ロボットの動きを完全に再現。
    溶接プログラム作成の段取り化を実現します。
  • 各種溶接設定 溶接条件やトーチ角度、溶接線の編集、同軸 /
    サイドノズルの切り替えなど、多種多様な設定が可能です。
  • Production Desingnerとの連携 Production Designer で設定した溶接線・溶接属性をもとに、ロボットのトーチ角度を自動作成。データ作成のさらなる時短が可能になりました。
  • 治具挿入・配置 任意の治具データを登録し、加工シミュレーションに反映できます。
  • 多種帳票出力ファイバーレーザー溶接に特化した帳票によりスムーズな段取り・溶接が実現できます。

to top