精密板金加工

精密板金加工とは

精密板金加工とは

一枚の金属板を切断・穴あけ・曲げ・溶接・絞り等を行う加工です。一般的には自動車をイメージされることが多く、他には住宅の屋根や外壁等に使用される金属板を加工する際に用いる方法です。
また、精密板金加工にと板金加工には明確な線引きは無いのですが、一般的な板金加工と差別化を図るために精密板金加工という言葉が用いられています。高精度な加工技術が必要です。

精密板金加工の材料
精密板金加工の原材料は、鉄・ステンレス・アルミニウム・銅・真鍮等が一般的です。精密板金加工では他の板金加工より薄い1~3mm程度の金属板を使用します。

精密板金加工の作業内容

専用の金型ではなく、汎用金型やジグを使用し加工をします。曲げ寸法公差やパンチングによる抜き加工でも正確性や高精度な技術が求められ、またそれを可能にする設備も必要です。設計から制作、組立作業までを一括して行うことができる弊社へお任せください。

精密板金加工の流れ
精密板金加工の流れを紹介します。

  • 1) 設計・提案
  • 2) 板金図面展開・NCプログラム(金型割付)
  • 3) ブランク加工(抜き加工)
  • 4) 脱脂
  • 5) 曲げ前段取り加工(タップ加工・バリ取り等)
  • 6) 曲げ加工
  • 7) 溶接加工
  • 8) 仕上げ加工・表面処理
  • 9) 組立・検査

ご依頼内容に応じて様々な加工を承ります。お気軽にお問い合わせください。

精密板金加工の3つの特徴

①高い精度と仕上げの美しさ
図面を起こすところから始まり、設計、製作も経験豊富なスタッフが担当しますので、精度の高い精密板金加工が可能になります。ほとんどの製品は、設計から組立までの作業を一括で行うため、トータルバランスを考えた加工や仕上げが可能、仕上がりの美しさを実現できます。

②短期間で容易に制作できる試作
通常の板金加工と比べ、精密板金加工では汎用金型を活用することでコストの軽減を図れるだけでなく、短期間での試作が可能になります。試作や少量生産に向いています。

調整や変更に柔軟に対応可能

③調整や変更に柔軟に対応可能
板金加工は専用の金型を使用するので、変更があった際に調整ができません。精密板金加工は変更があった場合、その都度調整が可能です。精密板金加工で、大量生産前の試作品を作成、量産体制に入る場合は専用金型を作成するという活用方法もおすすめします。また専用金型を作成中に精密板金加工での生産で対応するといった活用の方法もあり、様々なニーズにお応えし、フレキシブルにご対応いたします。?

精密板金加工の製品紹介

  • 12工程の曲げを、ステップベンドにて曲げた製品になります。

    12工程の曲げを、ステップベンドにて曲げた製品になります。

  • 端面にブリッジがあり、引っ張られてしまい、苦労しましたが複合機を使うことで、指定公差内で製造しました。

    端面にブリッジがあり、引っ張られてしまい、苦労しましたが複合機を使うことで、指定公差内で製造しました。

  • 複数な曲げと複数の部品を、公差内に収めてスポット溶接をすることが、必要とされる製品です。

    複数な曲げと複数の部品を、公差内に収めてスポット溶接をすることが、必要とされる製品です。

  • 標準の金型では曲がらない部分があるため曲げの技術を必要とする製品です。

    標準の金型では曲がらない部分があるため曲げの技術を必要とする製品です。

どのような業界の水準にも対応可能です

どのような業界の水準にも対応可能です

板金加工はあらゆる業界の製品に使用されているといっても過言ではない技術ですが、それぞれの業界によって、必要とされる技術水準は大きく異なります。神奈川・横浜の精密板金加工に対応している武蔵工業は、医療機器や半導体など、とくに精密な加工が必要とされる業界の企業様からご信頼をいただき、製品をご依頼いただいています。

  • 大量生産品の一括発注が必要!
  • 製品に最適な素材を選定したい!
  • 目的に合わせた加工方法を選択したい!
  • 何とかもう少しコストダウンを図りたい!

板金加工の依頼をご検討中で、上記のようなご要望をお持ちの業者様は、一度ご相談ください。豊富な実績から得た経験や知識に基づき、最適な素材や加工法をご提案するとともに、優れた設備と技術力を生かし、大量生産品にも対応いたします。

さまざまな業界で使用される板金

さまざまな業界で使用される板金
  • 空調機器
  • 農業機械
  • 自動車・トラック
  • 家電製品
  • 建設用資材・サッシ
  • 事務用機器
  • 通信機器
  • 医療機器
  • 建築設備機器
  • 半導体
  • 造船
  •  

勤続の板材から製品をつくる板金加工の技術は、実にさまざまな業界の製品に使用されており、私たちの生活を豊かなものにしてくれています。

さまざまな業界で使用される板金

業界を問わず対応可能

板金加工において豊富な実績を持つ当社には、確かな知識と高い技術力、そしてそれを裏づける体制があります。

  • 【1】工場板金技能士1級をもつスタッフ
  • 【2】官公庁などにかかわる仕事の発注を受ける
  • 【3】特殊なアルミやステンレスにも対応できる溶接技術
業界を問わず対応可能

国家資格である工場板金技能士1級は、学科だけでなく実技試験をともない、優れた技術力を持った技術者にしか合格できません。

その高い技術力をご信頼いただき、当社は官公庁などにかかわる仕事の発注をいただいております。また、厳密な生産管理が求められる通信機器や医療機器、建築設備、半導体、造船といった各業界の企業様からも、ご依頼をいただいております。

繊細な加工が必要とされる特殊なアルミやステンレスの溶接にも、対応可能です。板金加工をご検討であればどのような業界の方でも、ご相談ください。

to top